神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

和合、そしてアジアの風

11日、陰陽石震源のニニギ地震のメッセージは、“アジアの和合”か。
中国江南地方からのびた雲が、日本列島をわしづかみにしようとしてるかのように見える、今夜の衛星画像。
遠いむかしからの、風と文化の流れ。歴史は風とともに流れ、つくられる。
G1ヴィクトリアマイルの優勝馬も、“エイジアンウインズ”。アジアの風。
2着は“ウオッカ”。アイヌ語では「水」のことを「ワッカ」というらしい。
国後島と与那国島をむすぶラインだっただけに、大和とアイヌ、そして琉球とも新たな和合をもとめられている気がする。風は音楽。では水は・・・?
風と水にかかわる出来事が和合を生む? 
ヴィクトリアマイルの馬連は6-9(笑)。これも和合。6と9は陰と陽のカタチ。
それにしても、むちゃわかりやすい事象がつづくな~。
ま、今回は、さすがJRAってとこだろうか、それとも・・・?

陰陽石震源は、17日までゆれていた。12日からの有感地震は5回。
18日は薩摩半島西方沖。
出雲山間部、比婆山あたりもゆれている。
ヒバゴンの山。イザナミが眠るという伝説の地。
天津甕星の日立市をかこむように茨城沖余震と福島会津。まだ怒りはくすぶってる?
おもしろいのが16日の三重県の九鬼沖。震源が360kmと深いからか、震度1を記録したのが栃木県宇都宮市、福島県田村市、千葉県市原市。九鬼氏といえば織田水軍、そして九鬼文書。もしかしたら、共振すべき歴史があるのかもしれない。

風と水といえば、また台風が近づいている。
天皇賞当日、三重県多度大社の上げ馬神事で暴れ馬。
多度大社の天目一箇命は鍛冶神だが、地元では台風の神とされている。古代製鉄に大量の風が必要だったからだろう。
台風には注意がいる。とくに日本武尊の最期が風がらみなだけに、来年秋までの事象を気にかけている。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/39-a9484eeb

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。