神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

無黒点

 
6月24日から、無黒点の太陽がつづいている。

イギリスの国民投票でEU離脱が決まり、世界金融市場が大混乱におちいった日。
中央構造線の伊方原発プルサーマル3号機(愛媛)で、核燃料装填が開始された日だ。

この日、日経平均株価は14952円と、2月12日以来の15000円割れとなり、ことしの最安値を更新。円は1ドル99円台に急騰した。

黒点は太陽活動のバロメーター。
太陽活動と経済の関係がささやかれるようになったのは、たしかイギリス産業革命の時代だ。

G7伊勢志摩サミットに臨む安倍総理が世界経済についてリーマンショック前をやたらと強調したとき、僕はその意見は正しいと、ブログに書くか、つぶやくかした。
去年12月12日の日印原子力協定の最終合意が、ブッシュの米印123協定(原子力)の二番煎じになるのは見え見えだったからだ。

じっさい専門家が25000円超えもあると予測したことしの日経平均株価は年初から下落をつづけ、「みらいくん」再稼動の1月29日には、日銀が黒田バズーカ第3弾のマイナス金利政策を発表。よくもわるくも世界を驚かせた。

2007年7月、米印123協定と連動して起きたのがサブプライムショック。
翌2008年にリーマンショック。そして世界金融危機へと発展する。

太陽と経済ならともかく、核と経済の連動なんて妄想にすぎないと、ほとんどの方は思うだろう。
だが思い出してほしい。原子力が"ニセの太陽"であることを。
フクシマの直前にも、2つの太陽と射日伝説の事象として示されたよね。
結果、福島第一原発が射落とされた。

ふたつの太陽 2011アジアカップサンフレッチェの矢 二つの太陽とヒロシマの矢

日印原子力協定最終合意のあと、日銀がマイナス金利に踏み切らざるを得なくなったのは偶然ではない。
しかもその日が、"終わりの未来"くんの再稼動と重なったのはなぜだ?

リーマンショック=世界金融危機 ⇒ 大規模な金融緩和 ⇒ マイナス金利。
これが過去に例がなく、どんな専門家も行く先の見えない、いまの世界経済の大すじの流れ。
(米国はマイナス金利はまだやってないけど)
そのカーナビに、黒田日銀は"終わりの未来"を入力しちゃったことになる。

イギリスのEU離脱による世界金融市場の混乱が、「みらいくん」とおなじ冥界の元素プルトニウム。すなわち伊方原発プルサーマル3号機と重なったのはなぜだ?

もちろんすでに金融市場は落ち着きを取りもどし、続伸に転じている。
でも1月29日(高浜4号機のスランブル停止は2月29日)と6月24日の核と経済の連動は、当ブログ的にはあきらかな"核と終わりのシクミ"のワンシーンだし、そのセッティングだ。
地震でいうなら前震。前兆現象のようなもの。

リ-マンショックの2008年の太陽は、歴史的な無黒点状態だった。
6月24日の太陽も、無黒点だった。
ともに世界金融市場の大混乱+無黒点。
この天文学的な絶妙のタイミングに、意図がないとでも?

いまや安倍首相は「闇」のよげん者。
                         トモダチ

その言葉は闇の世界のよげんとなり、行動は亡国への布石、雛型となる。

1月4日の年頭会見で「挑戦」ってワードを24回も連発し、ことしを「挑戦の一年」に位置づけたら、すかさず「ちょうせん」半島で核実験がおこなわれた。北朝鮮の水爆実験だ。

その年頭会見で「参院選で憲法改正をしっかり訴えてゆく」と断言しときながら、選挙の街頭演説では「争点は経済問題です」といけしゃあしゃあと言ってのけるあたり、すっかり「闇のもの」が板についちゃってる。
まあ国会や党首討論ですぐ顔に出るあたり、「闇」といってもレベルは餓鬼なんだけどね。

「われわれは大きな危機、大きなリスクに直面している」
このG7でのよげんもイギリスのEU離脱となって実現したわけだが、6月24日のリンクは僕らにとってそれ以上に大きな危機、大きなリスクを暗示する。

だいじなのは伊方原発が、熊本地震からこのかた「闇」に蹂躙されつづけている中央構造線に位置する点。
そして愛媛(伊予)が、神代の月読尊の国であるという点だ。

月読尊は本来、高天原で天照大神を補佐する役目だった。
だが天照大神の使者として訪れた葦原中国で、保食神(うけもちのかみ)を斬殺する。
(これが事象化すれば食糧危機にいたる)
天照大神は激怒し、それから太陽と月は昼と夜にわかれて出るようになったと神話はとく。

高天原から追放されたスサノヲが出雲をみずからのクニとしたように、なかば高天原を追われた月読尊のクニが、伊予である。
「光と闇」の戦いの中で、月読(月夜見)尊がどう動くか注目していたのだが、伊予のニセの太陽の核燃料装填と同時に太陽が無黒点になったところを見ると、日月の和合なんて段階にはとうてい達してないし、それどころか月読尊の「月黄泉」化は確実だ。

光と闇、太陽と核との戦いに、太陽vs月、うつし世vs黄泉、伊勢vs出雲の構図までくわわり、その対立構造がより鮮明に打ち出されてしまった。

リーマンショックの2008年は出雲大社の大遷宮がはじまり、オオナムチの88事象が開始された年。
現在の太陽黒点周期サイクル24がはじまったのもそう。
以来、過去200年でもっとも太陽活動が弱い状態が現在もつづき、僕らはリーマンショック後の経済の混迷からいまだ脱け出せないでいる。
太陽は出雲に遮断され、僕らはかんぺき出雲に牛耳られてるわけだ。
このままいけば、次のサイクル25(2018年前後)ではさらに太陽は弱体化するだろう。
小氷期の到来が取りざたされるゆえんだ。

古代メキシコでは、太陽活動を復活させるために、さかんに生贄の祭祀がおこなわれた。
動物ではなく人身御供である。そりゃもう無数の人々が犠牲になった。

2014年7月26日、安倍首相はそのメキシコのテオティワカン遺跡の太陽のピラミッドに登り、祈りをささげた。
もちろん、闇がセッティングしたのは真の太陽の復活ではない。
おなじ日、ナガサキの佐世保では、女子高生の同級生猟奇殺人事件が発生している。
恐るべき生贄の「型」だ!

月黄泉の核(ニセの太陽)、伊方原発3号機の再稼動予定はその7月26日である。
たとえ実稼動が先にのびたとしても、四国(死国)電力のこのセッティングはもう変わらない。

去年、調布の小型機墜落事故で、「希望」さんが失われた日だ。

伊方は、鋳型。
7月26日は「日光の日」であり、「幽霊の日」でもある。
おわかりいただけるだろうか。
こんなところにも、光と闇の構図だ。

なんどもくり返すようだけど、原子力は「闇」であり、ニセの太陽である。
太陽は直日(なおひ)。ニセの太陽は禍津日(まがつひ)。
それぞれ僕らのまっすぐな心、直霊(なおひ)と、曲がった心、禍津霊(まがつひ)に対応する。
こんどの選挙は、その二者択一だ。

2012年5月21日の原発ゼロの金環蝕は、天照大神の岩戸びらきだった。
だが核を手放さなければ、日の本には真の太陽は輝かないし、自立の未来もないのだ。


【核と終わりの構図】

1945年 ヒロシマとナガサキ ⇒ 大日本帝国の終わり
                   ⇒ 第二次世界大戦の終わり 

1954年 1月、讀賣新聞コラム『ついに太陽をとらえた』連載
      3月、米ビキニ水爆実験 ⇒ 第五福竜丸被爆(久保山愛吉無線長死亡)
      4月、中曽根らが原子力研究開発予算を国会に提出(日本原子力のはじまり)
                      ⇒ 太陽周期サイクル18の終わり
 1de3ea84ee8b18cb68fa4587ea27b3f3_201606300128281fc.jpg 序文湯川秀樹

1979年 スリーマイル島原発事故 ⇒ アメリカ資本主義黄金時代の終わり
                         (デフォルトからレーガノミクスへ)
                       ⇒ 米ソ・デタントの時代の終わり
                          (ソ連のアフガン侵攻)

1986年 チェルノブイリ原発事故 ⇒ ソ連崩壊のにがよもぎの星
                        (ゴルバチョフによればソ連崩壊の真の原因)
                        サイクル21の終わり
                        ソ連の終わり(1986~1991)
                        日本のバブル景気(1986~1991)  

2007年 米印123(原子力)協定 ⇒ 核不拡散時代の終わり
                      ⇒ 世界的金融危機
                      ⇒  レーガノミクス=米グローバル経済の終わり
                        (サブプライムショックからリーマンショックへ)
                      ⇒ リーマンショック=サイクル23の終わり

2011年 福島第一原発事故 ⇒ アラブの春
                      チュニジア、エジプト、リビアなど中東独裁国家の終わり
                    ⇒ アップルのジョブズ、イタリアのベルルスコーニ政権、
                      北朝鮮の金正日体制など、独裁的存在の終わり
                    ⇒ 原発安全神話の終わり
                       アナログ放送時代の終わり
                       民主党政権の終わり(~2012)


福島第一原発事故の2年後にはじまるアベノミクスは、スリーマイル島原発事故の2年後にはじまったレーガノミクスとおなじ。
そのアメリカ型グローバル経済は、2008年のリーマンショックで終焉を迎えた。

リーマンショックのはじまりはサブプライムローン問題。
2007年にブッシュが米印123(原子力)協定を結んでまもなく(核拡散時代のはじまり)、サブプライムショック。翌年のリーマンショック、世界金融危機へと発展する。

安倍=レーガン+ブッシュ。
アベノミクス=レーガノミクス+ブッシュ&FRBの大規模金融緩和。
ブッシュの米印123協定=安倍の日印原子力協定。

G7伊勢志摩サミットで、安倍は「世界経済はリーマンショックの前と似ている」と主張した。
アベノミクスが30年前のレーガノミクス以降の米グローバル経済の踏襲だからだし、だからこそその終焉となったリーマンショックを怖れる。

去年8月、川内原発再稼動。
6月には¥20000を超えた株価が、以後¥3000も急落。

12月にリーマンショックのブッシュとおなじ、日印原子力協定の最終合意。
年が明け、株価は下落をつづけ、2月には¥15000われもあった。

G7で安倍がいったことはただしい。
すくなくともアベノミクスにとってはだ。
いや、ヤミノミクスか。

もちろん30年前のレーガノミクスの二番煎じといっても安倍は否定するだろう。
リーマンショックで終焉を迎えた米型グローバル経済の二番煎じだと非難してもね。

だがその潜在意識には確実にリーマンショックへの恐れがインプットされ、その恐れどおりに、安部はブッシュの二の舞を演じている。
つまり、核と終わりのシクミにみごとに取り込まれている。

だからこそ伊方原発プルサーマル3号機で核燃料装填が開始された6月24日、株価は¥15000を割ってことしの最安値を記録し、円は1ドル¥99まで暴騰したのだ。

伊方原発なんて関係ないだろ。
イギリスの国民投票でEU離脱が決まったからじゃないかと人はいうだろう。
だがその連動こそが、核=終わりのシクミなのだ。

福島第一原発事故が世界を震撼させた2011年。
8月6日に発生したイギリス暴動を憶えてるだろうか。
ロンドンの街が、世界大戦さながらのカグツチ天国と化した。

8月6日はヒロシマの日。
フクシマはカグツチ出産であり、ヒロシマの再来だ。
イギリス暴動と今回のEU離脱が、まったく無関係だとでも?

問題は株価より、円高。
アベノミクスの生命線は円安。
そこをくつがえされたとき、安倍がほんとにやりたかったのは経済政策ではなく、武器輸出三原則の撤廃であり、核クラブと国連常任理事国入りであり、安保法案であり、憲法改正であったことが見えてくるだろう。

日本が原子力を手放さないかぎり、ヒロシマ・ナガサキによってインプットされた核と終わりのカルマは、いずれこの国をほんとの終わりへと導くはず。

原子力ははニセの太陽であり、すなわち闇である。
なぜその闇がいっせいに払われた原発ゼロのわずかな時期に、日本がベストポジションの今世紀最大の金環日食が起きたのか。

日の本の国への、このだいじなメッセージをしっかり受けとめてほしい。
経済は闇ではなく、真の太陽のもとに再建されるべきなのだ。


【追記】

どうやら7月4日にちっちゃい黒点があらわれたみたい。
7月4日に生まれて...?
今回の連続無黒点日は、6月24日から7月3日までの日間ってことになる。
7月3日は、ナミの日だ。

 ※こっちもよろしく ⇒ 神々がうごいとーと

  • [No Tag]

*Comment

御礼 

いつも、興味深く拝読しています。
私が、何故か気になって祈りに向かう土地土地の名が、そして似たようなことを漠然と感じ過ごしています。

争いの因、なかなか根深いです。
  • posted by ひがママ 
  • URL 
  • 2016.07/05 22:57分 
  • [編集]

Re: 御礼 

お読みくださりありがとうございます。

> 争いの因、なかなか根深いです。
ここにきて、それが一気に放出されてる感じがありますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.07/06 05:56分 
  • [編集]

お返事ありがとうございます 

日ノ本は世界の雛型国

この國が滅んだなら、他も…なくなりますね。

核は人智では手に負えない代物
北辰の道開きを叶えるには、とにかく核はダメ。

来年はもっと心配です。
  • posted by ひがママ 
  • URL 
  • 2016.07/07 00:22分 
  • [編集]

三成でなく純一 

東京知事選挙に石田純一さんが、出馬の意思表明。

なにか関ヶ原の石田三成を思い出します・・。

不吉なのか・・

それとも、別の形でどこか関ヶ原がある象意なのか。


失礼しました。
  • posted by 忠武飛龍 
  • URL 
  • 2016.07/08 19:24分 
  • [編集]

Re: お返事ありがとうございます 

二つの太陽の写真は、北海道です。
北海道といえば北辰旗。
そして北辰のフクシマでヒロシマが再来した。
どうすればみんなに、この重要なメッセージに気づいてもらえるんでしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.07/11 01:06分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/11 01:56分 
  • [編集]

NoTitle 

二つの太陽は、革命の予兆。

偽りの太陽文明 から 真の太陽文明に・・・


「天皇」という偽りの太陽の日本は、もう終わらないといけないのでしょう。

アマテラス神話の終焉が、真の太陽の復活ではないのか・・。


失礼増した。


  • posted by 忠武飛龍 
  • URL 
  • 2016.07/11 07:54分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.07/11 18:23分 
  • [編集]

こんにちは。 

録画しといたテレビアニメ「NARUTO」観てました。
久しぶりに録画しといた回が、天から大筒木カグヤが舞い降りた時の話でした。

ふと気になり、Wikipediaで調べたらかぐや姫は、8月の満月の夜に月の都に帰られたそうですね。


あまり関係はないのかもしれませんが気になったのでコメントしちゃいました。
  • posted by とおる 
  • URL 
  • 2016.07/12 03:54分 
  • [編集]

重て返信ありがとうございます。 

霊界は北辰の道を開くのと、原発はダメ・の警告と、阿蘇の鎮めに(イワナガヒメの鎮め)忙しそうです。
3.11に命を落とされた方々は、北辰の道開きの人柱。沖縄、長崎、広島…皆同じ仕流の贄。
神武没後、2600年の節目の年…この夏は怖いです。
  • posted by ひがママ 
  • URL 
  • 2016.07/18 02:23分 
  • [編集]

Re: 三成でなく純一 

江戸は三成より家康がおスキなようで、
鳥越といえば、天海の北斗七星結界といわれる鳥越神社ですね。
白鳥を鳥越明神にしたのは、安倍氏を滅ぼした源義家ってとこがまた。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.07/21 07:09分 
  • [編集]

Re: 夜分に失礼します 

進士は、律令時代の試験。
犯人は無差別のようですが、よほど試験に悩んでたんでしょうか。
ともあれ、これも反律令の事象だと思われます。
そして参院選も試験だったんでしょう。
熊本城で石垣に人形の線刻が見つかりましたが、たぶんあれも人柱です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.07/21 07:20分 
  • [編集]

Re: 顔 

オラウータンって年とともに顔がデカくなりますけど、
最近安倍の顔がますます広がってきたようにも思います。
エルドアンと闇の道を併走する前に、谷垣みたいにコケてくれるといいんですけどね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.07/21 07:27分 
  • [編集]

ですね…。 

安倍氏は、日本のためでなく…先祖の千年呪うの怨念を果たしてますね。以前と顔付きが違ってます。憑き物は滅ぼしたいのだから、更にしでかしますね。憑き物を取ればいいんですかね。

霊界は今、義経の神輿を挙げるべく…頑張っている模様。
人柱、東日本だけでも数万人なら変化も激しいでしょう。
関ヶ原後、列島を縦断した大地震、都が江戸に移ったように、次ぎに移るような事が起きますね。
  • posted by ひがママ 
  • URL 
  • 2016.07/21 09:43分 
  • [編集]

Re: こんにちは。 

かぐや姫のワードは富士山にもつながるし、だいじなんですよ。
ちなみに内閣改造の8月3日は新月。
満月は8月18日です。気になりますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.07/30 14:26分 
  • [編集]

Re: 重て返信ありがとうございます。 

そうか、3.11の崩御から2600年なんですね。
4月3日に橿原神宮で神武天皇2600年祭やったようですね。43(黄泉)かよ。
ゆらゆら揺り子が都知事になりましたし、東京湾M9.1の誤報もありました。
8月3日~18日は、事象に注意。
これからのシナリオが表現されると思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.08/02 21:05分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/395-4c923913

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。