FC2ブログ

神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

あとがき


拙ブログ『神々が動いている』および『神々がうごいとーと』は、2019年1月23日をもって終了いたしました。

長い間おつきあいいただき、ありがとうございました。
心よりご感謝申し上げます。

終了の理由については『物語の終わりのために』シリーズ、とくにⅤとⅥに書いたとおりです。
 https://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56929280.html
 https://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56931781.html

いきさつについてはこちらのシリーズ。

 スラウェシ島の噴火に73機目の戦闘機を思う今日この頃(1)
 スラウェシ島の噴火に73機目の戦闘機を思う今日この頃(6)

僕にとって無視できなかったのが、自分がどういうカタチで日本武尊事象のオワリを演じることになるかという点でした。
「足が三重に折れ」という日本武尊の最期を。

>地震で足が三重に折れ、なんてのはほんとカンベンしてほしい。

と書いたのは冗談ではなく、けっこう切実だったんです。

ネックだったのはやはり『3ラン計画』の夢が、スラウェシ島の大地震とリンクしてしまったこと。
そして蘇我比咩神社参拝が東京湾(走水の海)のクジラの死骸とリンクしてしまったこと。
つづいて浜岡原発にもクジラの死骸が打ち上げられました。

走水の海は、蘇我比咩が弟橘媛とともに入水した海。
以前から関東の巨大地震の震源として、ブログで指摘していた海域でず。
蘇我比咩神社にチャリのお守りを買いに行ったまさにそのときその海域で、クジラの死骸が発見されたのは、とても偶然とは思えません。
事象に取り込まれたものに起きる、シンクロニシティそのものです。

クジラはイザナミの事象生物。
そういった意味ではことし7月の捕鯨再開は、大地震のトリガーかサインになるかもしれませんね。

僕が伊吹山の日本武尊のように、蛇をふんじゃったのは一週間後。
もちろんチャリのハンドルには蘇我比咩神社のお守りがぶら下がってました。

日本武尊が死んだ亀山の能褒野をみごとに通過した台風24号に、チャリが祓われのはさらに一週間後。

流れを総括して判断すれば、僕が取り込まれ演じるべき日本武尊事象のオワリは、とうぜん大地震と無関係ではないことになります。「3ラン計画」の夢がスラウェシ島地震とつながってたようにです。

それだけはどうしても避けたかった。

かつて僕は、高速増殖炉「もんじゅ」と同経度に位置する丹生川上神社中社で、「もんじゅ」廃炉の祈願をふくめた個人的な儀式をやったことがあります。
2012年11月のことです。

>たわごとだろうが微力だろうが、
 もし木から水へとアグニを戻した僕の作業が通じているのなら、
 「もんじゅ」は廃止へと向かうはずなんだけど……。
  ☞ 『うまれるまえはともかくうまれてはじめての三輪山

「もんじゅ」の廃炉が決定したのは、4年後の2016年12月。
偶然か必然かの判断はみなさんにおまかせしますが、僕の中ではとうぜんつながっています。

おなじように、地震を回避する手段もあるのではないかと考えました。
そして考えついたのが、オワリが現実化するまえにみずからオワリを演じるという、カルロス・カスタネダ「ドンファンシリーズ」の一節に倣った手法です。
いまや僕=ブログですから、ブログのオワリ=僕のオワリってわけです。

タイトルを『物語の終わりのために』にしたのは、2012年当時の記事『死と再生の旅』の冒頭部に対応させたかったからです。
こんな出だしです。

>物語にとらわれた者は、物語に表現される。
 たとえば三島由紀夫や、太宰治。
 ヴォネガットはその解除のために、
 (『チャンピオンたちの朝食』のラストで)登場人物を解放した。
 
もしこの試みが的を得てるなら、すくなくとも僕が日本武尊事象のオワリを演じるべき関東の大地震は回避できることになりますが、はたしてどうなんでしょうね。


去年の2010年の再来の流れにつづいて、ことし2011年の再来の流れはくるのかどうか。
それを判断できる重要なポイントといえるのが、いま開催されているサッカーのアジアカップです。

ナガサキでヒロシマな森保ジャパンですね。

2011年のアジアカップでは、ザックジャパンが優勝しました。
決勝弾の李忠成選手のゴールパフォーマンスは、「ヒロシマの矢」でした。

すでにみなさんごぞんじのとおり、日本はその2011年以来となる決勝進出を果たし、明日決勝戦が行われます。
2011年以来の対戦となるカタールとです。
その間一度もA代表はカタールと戦ってません。

残念ながら決勝を待たずして、すでに2011年の再来はベスト4で実現されてしまったともいえます。
原因はUAE。
監督はザッケローニ。2011年に日本を優勝に導いたザックです。
こんなんただの偶然だと思います?

中心選手のオマルを欠いたUAEが、強豪オーストラリアを破って準決勝まで勝ち上がってくるとは、正直僕は予想してませんでした。
つまり2011年以来のベスト4に日本が、ザックUAEとともに進出した時点で、2011年のザックジャパンが成立しちゃってるんですよね。

おまけに2011年のアジアカップの開催国は、決勝の相手カタール。

カタールの語源は、カトゥラ。
「噴出する」って意味です。

日本+噴出する

それが火山であれ地震であれ、2011年の再来となる巨大なエネルギーの噴出はどうやら避けられそうにありません。

願わくばせめて小難とならんことを。


みなさまが日々、平安でありますよう。
感謝をこめて、心よりお祈り申し上げます。


 天照大神の宣りたまわく
 人は天が下のみたま物なり
 すべからく
 天が下静かにして
 平らかならむと
 つとむるべし
 心はすなわち神明の源たり
 あが魂を
 傷ましむることなかれ

 きわめてきたなきも
 たまりなければ
 きたなきものはあらじ
 うちとの玉垣
 きよくきよしと申す                

                                         いやさかの木

               
  • [No Tag]

*Comment

感謝 

初めてコメントさせて頂きます。
いやさかの木さんのブログ、”動いとーと”の方もずっと読ませて頂いておりました。
事象を読み取る鋭い考察にわかりやすい文章。
はなちゃんの可愛さ。大好きなブログでした。

今まで長い間読ませて頂き本当に有難うございました。
すごく心構えが出来ましたこと感謝申し上げます。

六根清浄大祓も有難うございました。



  • posted by craft2m 
  • URL 
  • 2019.02/01 15:16分 
  • [編集]

気になって気になって 

こんばんは。初めてコメントします。
私は、事象とかさっぱり?ですが、読み続けてきました。多分、私が神社巡りをするようになったのは、こちらのブログの影響ではないかな。と。 
ブログが終わりを迎え、非常に寂しく思います。また、続きが気になって気になって(笑) いつかまた、物語の続きを書いて下さいね。
何となくコメントしたくなり…。うまく書けなくてごめんなさい。
では、お元気で!(そして、“いつの日か”を楽しみにお待ちしております。)
ちなみに…。この 神々がうごいている の記事数が311件というのが、ちょっと気になりました(-o-;)。
  • posted by みち 
  • URL 
  • 2019.02/01 20:16分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/01 20:42分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/01 20:51分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/02 11:59分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/02 12:41分 
  • [編集]

ありがとうございました 

事象の南西ポイント『熊本』から、久しぶりにコメントを送らせていただきます。
長い間、示唆に富んだブログを書き続けていただきまして、ありがとうございます。
ブログ終了は残念ですが、事象を読み解かれる立場から、事象回避のために動かれる立場に行かれるのですね。
注目のアジアカップは、カタールに負けて準優勝になりました。これで、2011年の再来は阻止となりますか...。
不正統計問題で厚労省が揺れてますが、2011年も確か芸能人や政治家の年金未納問題で厚労省が揺れてたような...。
私も微力ですが、西南の片隅から踏ん張って、世の平穏を祈りたいと思います。
  • posted by 15-lettuce 
  • URL 
  • 2019.02/02 15:57分 
  • [編集]

訂正 

すみません。
先程、『2011年頃、年金未納問題が...』ってコメントしましたが、『障害者郵便制度の悪用問題』の間違いでした。厚労省の女性官僚を、検察の特捜が証拠捏造のうえ逮捕した事件です。
訂正します。

また、難去って、ブログを再開していただける日を期待しています。
  • posted by 15-lettuce 
  • URL 
  • 2019.02/02 16:24分 
  • [編集]

ありがとうございました 

いやさかの木さま

長らく、拝見させていただいておりました

何年か前に、一度ブログを閉鎖すると言われたときに、「いやさかの木さまの事象読みが頼りです」とコメントさせていただきましたが、今回のいやさかの木さまの文章を拝見し、自分勝手な思いを伝えてしまって申し訳なかったと反省しています

もっともっと深いところでいろいろ動いているのだと思います
その動きを、ブログを止めてまで「先手を打って予防」しようとしているお姿に、心より尊敬の念をいだきます

止められない事象もあるのでしょう
ただ、サッカーは2位になり、大難が小難、小難が無難になる可能性も出てきています

長崎に匹敵する事故が起こるのかどうかが、注目点になりますが、それがなくなればとも思っています

ここ数年が正念場なのかもしれません
もしかしたら、ひふみ神示の「子の年を挟んで」は、2020年からを考えると、最大2025年か?

それまで、しっかりと世の中を見つめていきたいと思います

長らく本当にありがとうございました
  • posted by じんちゃん 
  • URL 
  • 2019.02/02 18:51分 
  • [編集]

ありがとうございました 

いつもよませていただきありがとうございました。

事象が重なり、そここまで来るとほんと怖い。重なるときはやはり単なる偶然ではない、なんかの意味があるんだなと洞察するようになりました。

こちらのblogなけれは、日々の事象もなにも気がつかずただのニュースとして聞いているだけだったと思います。

気づきの意味でも、blogは読ませていただきたいですが、残念です。

サッカーは負けましたが、事象的にはいいことなんですよね??

今年、不穏な予言とかもあり、心配しています。

ありがとうございました。
  • posted by かずちゃん 
  • URL 
  • 2019.02/02 20:54分 
  • [編集]

NoTitle 

ご苦労様です。

まあアジアカップは、準優勝・・・まあ大難を小難に押さえれたら・・・

ともわれ、ご苦労様

本当に参考になってました。

ありがとうございます。
  • posted by 遍照飛龍 
  • URL 
  • 2019.02/02 21:11分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/02 21:53分 
  • [編集]

NoTitle 

カタールが優勝しましたね
日本が優勝するよりは災害的には良かったのではと思います
サッカー好きの自身にはこれで納得させられます
原発がぶっ飛ぶよりはいいでしょう

いやさかの木さんがブログをやめることで
災害が西の方へ行くこと
イランに行くことになるんでしょうか

経済的にもひどいことになりそうなので
びくびくしつつも生活基盤を災害に対して備えております

  • posted by 水際 
  • URL 
  • 2019.02/03 12:43分 
  • [編集]

ありがとうございました!! 

いやさかの木様

初めてコメントさせて頂きます。

2010年のある日、神様なんかいるもんかー!なーんて、思ってしまうような人生を歩んでいた私の前に突如現れたこちらのブログ。

無知な私にとって、高度過ぎる話の内容。
ちんぷんかんぷんなのですが(すみません汗)、「なんかすごい、このブログ」と思った私は、毎日拝読するのを楽しみに今日まで生きてこられました。

いやさかの木様の博識、コメントされる方々のやりとり、全然ついていけず、傍観者でしかいられませんでしたが、
本当に勉強させて頂き、助けて頂きました。

あぁ、神様はいるんだな、途方もない時空を超えて、私達に問いかけ、導き、教え、時に厳しく、
これからも神々は動いていく、私達は動かされていくのですね。

長い間、本当に本当にありがとうございました。

そして、お疲れさまでございました。

とても寂しくなりますが、またたまにお邪魔させて頂けるよう、こちらのブログは残して頂けると大変ありがたく思います、、。わがまますみません(>.<)


いやさかの木様がいつでも、どんな時も、どこにいても、誰といても、お幸せでありますよう、お祈りをして。

ありがとうございました。
  • posted by mizu 
  • URL 
  • 2019.02/03 13:46分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/03 17:08分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/03 21:57分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/04 15:46分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/04 20:27分 
  • [編集]

みなさまありがとうございます 


正直、これほどたくさんのお礼のコメントをいただけるとは思っていませんでした。
ありがとうございます。

アジアカップはシャビ(元スペイン代表)の予想どおりカタールの優勝でした。
2011年以来のベスト4の段階で2011年とおなじザック(UAE)+日本の構図は示されていたので、準優勝という結果をどう見るか迷うところです。
僕もみなさんとおなじように、大難から小難へってことだと判断したいところです。

ただ、気になっているふたつの事象があります。
ひとつはリュウグウノツカイ。
ことしは富山湾を中心に異常なペースで捕獲されてます。
富山といえば、福井や石川とおなじ「父なる越」。
去年につづいて警察官が襲われる事件も起きています。
警察=父なるものです。

もし日本海側が狙われるなら、第一候補は竜宮伝説と「みらいくん」の若狭湾だと思います。

もうひとつが、茨城県神栖市の女子大生殺害遺棄事件。
被害者の行動も犯人の動機もなんだかよくわからない事件ですが、要石の東国三社トライアングルのお膝元なだけに、地鎮の力がかなり弱まっていると判断できます。

被害者の「菊池」と犯人の「晃」のワードは、ともに熊本大地震とつながっています。
後者は阿蘇大橋の崩落現場で見つかった方のお名まえです。
コメントに書いてくださった方もいますが、晃=日光。
大洗(大祓)のオオナムチの、東日本大震災後の拠点です。

かたや菊池氏といえば熊本です。
2016年に福岡の博多で地下鉄七隈線の陥没事故(黄泉の穴)ありましたけど、その七隈の神社も菊池神社。
祭神の菊池武時は、666の鳥居の生田の森で紹介した楠木正成とつながっています。
(楠木正成=菊水=カミカゼ特攻隊)
また、西郷隆盛は菊池氏の末裔です。

遠野の菊池氏も、もとは肥後菊池氏。
菊池って事象要素てんこもりなんですよね。

その菊池さんがまるでカミカゼのように死地へと向かったその先が地震の要石の鹿島神宮駅。
さらにはかつて日本武尊に祟った大祓の風、イブキドヌシの神栖へ。

神栖市の息栖神社は本来は春日神の比売神のはずなんですが、現在はクナドの神を祀り、かつては芭蕉の句「この里は 気吹戸主の 風寒し」にあるようにイブキドヌシだとされていました。

西郷どーんとつながる菊池。
日本武尊につながるイブキドヌシ。
そういった意味でもこの事件。
回避のためにブログをおわらせた僕としてはやりきれない事象だし、キケンな反応だと云えます。

                          いやさかの木
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2019.02/05 01:57分 
  • [編集]

弥栄ましませ 

ご無沙汰しています。昨年から自分自身が8年前をなぞるような言動を取っていることに気付き、神話の世界から現代までの歴史を、他人事としてではなく、自分が当事者になったつもりで学び直しています。遺恨や祟りだけがクローズアップされてしまいがちな出来事も、敵味方双方の立場や考え方を理解するよう努め、当事者達が影響されたであろう因縁やその地に渦巻くエネルギーについても、文献や言い伝えから読み解くよう努めました。その上でこちらのブログを2008年から読み直した時、世の中も自分自身の人生も事象に取り込まれていることを改めて痛感させられました。

甘かったです。考え方も生き方そのものも甘かったです。自分の生活を守ることばかり考えて、世の中を変える努力を何一つして来ませんでした。だから、10年以上も暗闇から抜けられなかったんだと思います。私たちに求められているのは、小手先や上っ面な改革ではなく、自分の命を賭して世の中を変えて行く覚悟と勇気なんだと思います。だから、最近、自分の身に起きる出来事が幕末とシンクロしているんだと思います。

私は断捨離と終活をして新しい人生を歩むことにしました。仮面を被って他人に合わせて生きずらい人生を歩むより、新天地で自分らしく生きられる場所を作る方が生きた甲斐があるというものです。行き先も仕事も決まってはいません。しかし、不安は全くありません。真っ新な気持ちで神々が求める生き方をすれば、全てが自動的に上手く行く。そんな気がしてなりません。

こちらのブログでは本当にいろいろなことを学ばせて頂きました。ブログを終了されることになったのは神々の采配だと思います。これから良き事がたくさん身に起きて来ると思います。どうぞ笑顔でお受け取りください。本当にありがとうございました。弥栄ましませ。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2019.02/06 13:34分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.02/07 05:10分 
  • [編集]

いろいろ参考になりました 

いつも参考にみてます。
自分は地震に嫌われてる体質なのでもし機会があったら一緒に行動したらどうなるかなと興味はあります^^;
大洗はうちの地元と交流があるので調べてみます。
地震に嫌われる体質が大洗まで影響するかはわかんないけど、気がついたことがあったらまた教えてもらえると助かります。
カトリックのトップが児童強姦の事実を認めたので世界が大きく揺らぐと思います。
  • posted by もんげー 
  • URL 
  • 2019.02/07 09:08分 
  • [編集]

ありがとうございました。 

以前のブログから、ずっと読者でした。

いやさかさんのブログで、初めて【ホツマツタエ】を知りまして、池田さん著の本を購入し、読み漁りました。

けど、いやさかさん独自が放つ神世のお話の方が、しっくりきました☺️
事象など、とてもお勉強になりました。

はなちゃん、お元気ですか?

本土も寒いようですから、はなちゃん共々、体調にはお気をつけくださいね。

長年、ありがとうございました☺️
  • posted by rura 
  • URL 
  • 2019.02/09 20:40分 
  • [編集]

ありがとうございました。 

いやさかの木さん

まずは約10年間にわたるブログの記事投稿本当にお疲れ様でした。

東北の震災を機に自分の中で色々な変化が起き、その中で巡り合った衝撃的なブログでした。
記事に出てくる数字やワードがたまにゾッとするくらいシンクロして驚いてました。

そしてコメント欄を書き込み可にしている。
これすごいっす。

おそらくネガティブな情報はネガティブな事象を引き寄せる等の意見や、コメントを書き込む人達同士の諍い等も多数あったと思います。
そういったコメント欄の管理も大変だったんじゃないかなと。

それでもコメント欄を可にしているのは、色々な人が自分にはこういうメッセージが届いているとか、そういった情報交換の場にできたら良いと書いてらした記憶があります。
やっぱすごいなーって思って読んでました。

ここ数年は日々の生活の中で薄れていく危機感を引き締めるために「うごいとーと」の方も読ませて頂いてました。

個人的な意見になりますが

例えば苦手な人との出会いとか?地震や噴火などの災害とか?事件や事故などは、ネガティブな思考、ポジティブな思考とは関係なしに全ての人に平等に訪れると思います。

それはおそらく、それらの事象で本人やその関係者の心の成長を促す為の超えなくてはならない壁とかハードルという意味を持っているんだと思います。

災害に備えるのなら最悪を想定する。

火山が噴火した時の際のゴーグルやマスクとか?
食べられる野草っていう図鑑まで備えてます(笑)

それらが無駄な備えになると良いなと思っています。
  • posted by touya 
  • URL 
  • 2019.02/12 00:42分 
  • [編集]

NoTitle 

八雲之図から早十年ですか…。
個人的には、雷雨のほうが印象に残ってます。
とりあえずは、お疲れさま。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2019.02/14 17:18分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

あの突然の雷雨が、みごとにその後を暗示してたよな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2019.02/15 01:32分 
  • [編集]

NoTitle 

白山が動き出したくさいんで過去の記事見てみます。
リアルだとこういう相談できる人がいないのでほんとに助かります。
  • posted by もんげー 
  • URL 
  • 2019.02/23 21:46分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

新たにブログはじめましたので、よろしければお寄りください。
 https://blogs.yahoo.co.jp/amatsuchitome
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2019.03/06 23:08分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム