神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

市神

                    2008.8.26.1:30<気象庁>2008.8.26.1.30気象
☆気になる地震チェック
8/17 島根県安来市宇賀荘町~岳山 M2.7 14km 震度1 震源は宇賀神社(宇賀の御魂)と、岳山山頂の嵩神社(経津主神)のあいだ。出雲にフツヌシとはめずらしい。神代の出雲神殿はこのあたりに眠ってる? 九重町もあるしな。八重垣を九重にむすんだのが鹿島立ちの発端という。旧意宇郡は出雲国造。宗像とつながるのもここ。国造の祖神・天穂日命が国ゆずり後の出雲を治めたのなら、オオナムチがいたのも杵築(出雲大社)でなく意宇か。高層建築の線刻画土器片が出たのはとなりの米子。あと、福井県も。天穂日命は菅原道真の祖神でもある。飯入根(振根の弟)~野見宿禰~道真。出雲は山間部が活発。今回はめずらしく街側。しかもフツヌシとは・・・。国ゆずりの再現ならもっとでかい反応になりそうだけど。宇賀の御魂は稲魂、豊受大神。キツネのお稲荷さんは荷田・保食神の系統。  

8/20 茨城県坂東市沓掛 M4.6 45km 震度4 沓掛香取神社付近。経津主神。合祀・遇突智大神(カグツチ)。境内社は春名社(速須佐之男命・櫛稲田姫)・聖徳社(聖徳太子)・天満宮(菅原道真)。フツヌシ以下、そうそうたる面々。事象の神々。子孫の美計奴都加佐命がフツヌシをまつったのが最初だとか。あの平将門が社殿を再建。杉を植えて神木とした。結城氏朝が社殿を修復。1712年、正一位。茨城南部地震は3/9のここの震度3からはじまった。きわめて重要な、事象の起動ポイント。安来市の地震とのつながりが気にかかる。平将門の怨霊は有名だが、結城氏朝もまた室町幕府に反乱して敗死(結城合戦)。政事が乱れるとフツヌシが動く。ここはシクミの「磁場」なのか。もちろん平和な時代にも、徳川吉宗の飯沼開発の難工事で霊験を発揮、名社とたたえられた。

8/21 京都府亀岡市西加舎付近(前のブログ)
8/22 9:25千葉県南房総市和田町上三原 M3.2 26km 震度2 樹齢750年のクスの木と山神社
13:44伊豆大島近海 M2.6 9km 震度2
15:02岩手県内陸南部 M4.1 10km 震度2
19:59茨城県那珂郡東海村 M5.2 56km 震度4 メッセージタイプ 震源は常陸那珂火力発電所敷地内の埠頭北岸。・・・いったいなにやったの!? 2003年に1号機始動。2号機が建設中の最新型石炭専焼火力発電所。ふれあい広場もある。緯度的には3/9の沓掛の前日に震度4を起こした、久慈川沖の震源に近い。やはり茨城南部と茨城沖は呼びあっている。東海村には日本三大虚空蔵堂のひとつ村松山虚空蔵堂がある。空海が開祖と伝えられる。となりの大神宮は和銅元年に前浦の巨岩が光を発し、伊勢の神としてまつったのがはじまりという。海の怪光伝説は古くからある。ただ、常陸一の宮・鹿島神宮のむこうを張って、茨城一の宮を自称されると、ちょっとひく。祭神は天照皇大神。近くに豊受大神宮もあるけど、なんせ水戸国学の地元だけに・・・。でも幕末事象ならアリかな?それにしても志賀神の原発狙いといい・・・。発電所タイプや、ダム&開発タイプをあらたに分類すべき?

8/24 04:22岩手県内陸南部 M3.5 6km 震度2
05:44和歌山県西牟婁郡白浜町沖(南紀白浜) M4.3 45km 震度3 艮タイプ。震源は紀伊水道で、緯度は熊野那智大社の那智山とおなじ。牟婁郡は熊野国だった。岩手宮城内陸地震(日高見高天原)の余震と連動した母なるイザナミの動き。26日に潮岬付近から急にひろがった雲が、なんともぶきみだった。衛星画像は上層の雲なので、地震にむすびつくかわからないけど、昨夜も紀伊水道の震源あたりで濃い雲が発生してた。気になる。    
    
8/25 06:56伊豆式根島沖 M3 8km 震度3
06:57伊豆式根島沖 M2.4 7km震度2
6/28の震度3とほぼおなじ震源。8/22には伊豆大島近海でも震度2 伊豆七島は三島大神(三島市)の后たち。でもいまのとこ三島大明神が動く気配はない。
07:06京都府京丹後市大宮町三坂神社・干塩稲荷神社付近 M3.2 9km 震度3 メッセージタイプ。短時間の同時多発的だけど、伊豆との連動性は薄いと思う。京都府も地震が目立ちはじめた。しかも元伊勢に近づいてるし・・・。東海村の大神宮との天照・豊受つながりもアリなのかなぁ? 震源の三坂神社の祭神はイザナミ。稲荷社は倉稲魂命(うかのみたま)。またも豊受系のお稲荷さん。というか、丹後は豊受大神の地元だ。平成6年に丹後マスターズヴィレッジ建設にともない両社を現地に移転改築。これも開発タイプ? 事前調査で弥生後期(二千年前)の墳墓群が発掘された。8/8には御食津国(若狭)がゆれた。食物・穀物系が目につく近ごろの傾向。倉稲魂に変化のイザナミがマッチアップとは、ちとおだやかじゃないね。宮崎の陰陽石地震や、宮城岩手内陸地震のころにくらべて、メッセージがより具体化。日常生活レベルに降りてきてる。震源が都市部に近づいてきたってことでもあるんだけど。京丹後市大宮町といえば、丹後ニノ宮の大宮賣神社。震源にも近い(1.3km)。大宮売神は天皇・国家を守護する八神殿の第六殿。これに大直日神をくわえた九神が鎮魂祭でまつられるそうだ。お社のある大宮町周枳(すき)は、大嘗祭の主基殿につながる。大宮能売(おおみやのめ)とも書く。カンミムスビの娘だけど、天太玉命の娘ともいう。もしそうなら、御炊屋姫の可能性がある。十種の神宝のニギハヤヒの妻、ナガスネヒコの妹だ。大宮売神は市神とよばれる。市場、マーケットの神。酒造、百貨店の神でもある。穀物の神+イザナミ+市場の神・・・。はじめて現れたこのくみ合わせは、どんな母なる変化を暗示してるんだろう?

  • [No Tag]

*Comment

干塩稲荷神社 

丹後半島の伊根で稲刈りした帰り、丹後大宮の小野小町温泉に行きました。
その建物は高台にあるのですが、すぐ脇に神社本殿の屋根が見えて少し下がると後ろから入ることができました。
それが、三坂神社・干塩稲荷神社でした。
以下立て看板の由緒書きをみて不思議に思ったので、ググッたらこのページがヒットしました。

干塩稲荷神社 祭神倉稲魂命 例祭7月20日
古くからこの丘に鎮座する神社である。
創立は、文明年間(1469~1486年)ともいわれているが定かではない。
天明6年(1786年)に再建されたと記録されている。
本町内はもちろん、この地方では最も古い歴史を持つ稲荷神社である。
この神社の呼称の起源については
「大昔、大津波が押し寄せてきたが、この神社の手前でぴたりと止まった。
この後この神社の神威をたたえて干塩稲荷神社と呼ぶようになった」と伝えられている。
古くからこの地方いったいの崇敬を集め、例祭には参拝の人波で埋め尽くされるのが常であった。
今も五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、心願成就を祈る多くの人々の信仰を集めている。
平成6年(1994年)丹後マスターズヴィレッジの建設に伴い、上屋を現地に移転改築した。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.09/23 22:09分 
  • [編集]

Re: 干塩稲荷神社 

うららさんおひさです。

箱根にいかれたようですね。
僕は人生初の奈良。
大神神社と丹生川上神社中社に参詣してトンボがえりです。
大神神社で御祓いを受けました。
オバマ大統領再選の日。

オマバ大統領は大黒天。
オバマ湾の内外海半島の久須夜神社はオオナムチ。
その対面に、大飯原発があります。

干塩稲荷神社も大津波由来でしたか。
若狭丹後を巨大津波が襲ったのはまちがいないですね。
とうぜん敦賀も。
再度おそわれるかどうかは、オオナムチの胸三寸かもしれません。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.11/09 00:59分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/71-c5e094d7

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。