神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

雷神

大昔の人たちは自然の猛威を怖れ、敬い、神として崇めた。
・・・という解説がときどきある。けど、まちがいだと思う。祀ってきたのはあくまで祖先の神霊で、木も岩も山も依り代だ。もちろん自然の神霊はいる。ただ、人も自然も太古の元つ神々から生まれたもの。なんでも無知と恐怖にむすびつけたがる近代的歴史観は、そろそろ・・・って気がする。
「怖れ」をあがめ祭れば、「怖れ」が現実化する。これは鉄則。
稲妻の被害をおそれて民が雷を祭ろうとしたのを、天照大神がやめさせたという伝説がある。とうぜんだけど神々は祭祀のシクミをよく知っていた。
稲妻は天と地の交流現象。落雷が大気中の窒素を土に固着させ、土地が肥えるという。まさに稲の妻。
「天の叢雲の剣」の叢雲は、ヤマタノオロチの頭上の積乱雲。雷を発生させる。その叢雲を鎮めたスサノヲの妻の名が奇稲田姫というのも、雷と稲との関係を物語るようでおもしろい。神話は古代の科学なのか。

天照大神がいさめたおかげか、たしかに雷の神ってピンとこない。
加茂別雷という神がいる。でも雷神ではなく、ニニギ尊のことである。雷雨の被害を「水」と「火」の祭祀でコントロールして、別雷(わけいかづち)の神とたたえられた。雷を別け治めた神だ。
ほかにも雷大臣命、建御雷命などがいるけど、烏賊津臣と武甕槌だし、どっちも雷神じゃない。
日本書紀の一書では、黄泉のイザナミの骸の上に八雷神がいたという。これってもろ怖れがあらわれた伝承だと思う。はたして「神生み」といえるのかどうか。
古来、雷は神そのものというより、神のいとなみのあらわれとして考えられてきたようだ。でも雷への怖れが、黄泉の八醜女を八雷神に変えちゃったのかもしれない。
八雷神をまつるのは群馬県の板倉雷電神社。さすが雷銀座だけあって、関東には系列の神社がけっこう見られる。ちなみにもっとも雷の日が多いのは石川県の金沢らしい。でもなぜか金沢にはない。

ところで、この八雷神と合体したと思われるのが、近ごろよく出てくる菅原道真。当時はすでにイザナミ神話は熊野から出雲に移っている。道真は出雲の天穂日命の子孫。死後につづいた雷被害や関係者の変死が彼のタタリとされたのも、領地の桑原に雷が落ちなかったからだけじゃなく、イザナミの八雷神伝説があったからだろう。
かりに道真に祟る気はなかったにしても、祭祀された以上、その神格は実在する。極論すれば、祭祀は現実化の装置にもなる。
八雲立つ出雲事象の雷雨・・・。雷神も道真も、出雲につながる。8/8の神奈川県川崎市多摩区の震度4で、とつぜん道真が名乗りをあげたのも見逃せない。さらにいえば多摩はかつての武蔵国造の拠点。武蔵国造の系譜もまた出雲臣からの枝分かれなのだ。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/73-bf8b0699

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。