神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

神在月

10月1日、富士山に初冠雪。1日の初雪はなんともめでたい。
2日はうれしいほど爽やかな朝。列島全体が秋晴れの祝福をうける。
ひと月のはじまりとしては、いうことない。

富士は美しい。でも美しいと思ったら、なぜその感動を抱きつづけられないんだろう。
うれしいと思ったら、なぜその喜びを感じつづけられないんだろう。
生きることは変化しつづけること。
ただ、悲しみがあるからより喜べる、けがれがあるからより美しさを感じられるというのはとても言語的だ。ヒトはいつからそんなしちめんどくさい癖をつけてしまったんだろう。
この世界はまちがいなく二元世界だ。なぜならヒトがそう見てるから。
ヒトは対立するふたつの概念のギャップに慣れ親しんでいる。けっこう楽しんでいる。
ひとつになった世界なんて想像もつかないし、あこがれ以上に恐怖を感じる。
神話の本質もたぶんそこにある。
ひとつのものがふたつにわかれ、そしてまたひとつになろうとする動きへの神々とヒトとのとまどいと反動。
神話にラストシーンはない。
なぜなら僕らがそのつづきを演じているから。
もちろんいま、この瞬間も・・・。

二元世界はバランスでなりたっている。
どういうバランスの動きかわからないけども、どうもあやかしが動いている気がする。
猫好きだけど、ブログで「猫」にふれたのは前回がはじめて。神話にはネズミはいてもネコは出ないし・・・。あえていうなら孝霊・孝元・開化天皇とつづくネコヒコ。いや、根子彦だけど。
その「猫」は、大分県日田市鶴河内と新潟県新潟市西蒲区白鳥の連動地震から導かれたもの.。でも、役小角・修験道系のシンクロがなければ、英彦山の天狗から弥彦山の猫多羅天女につなげることもなかった。
英彦山は九州の修験道のメッカである。もとは日子山。のちに彦山。江戸時代に天下にひいでるという意味の「英」の美称を法皇に賜った。英彦山神宮は天照大神の子、天忍穗耳命をまつる。天孫降臨神話のホノアカリとニニギの父で、出雲国ゆずりのときの高天原の天君だ。
猫多羅天女はそのむかし猫と遊んでるうちに通力した佐渡のお婆さん。弥彦山で大雨を降らし、こまった里人が「猫多羅天女」とあがめて鎮めたそうだ。弥彦山にいて、年に1度雷鳴とともに佐渡に渡るらしいが、ようするにあやかしである。
1日午前3時ごろ、大阪市浪速区難波中3丁目「キャッツなんば店」で放火事件。
ブログ書いた2時間後だが、「キャッツ」以外に猫多羅天女との接点はないと思うし、それだけならここにも書かない。問題は同日午前9時35分におきた震度3。あの伊吹山周辺地域の地震だ。震源は垂井町か神戸町?
伊吹山は元伊勢とともに畿内五芒星結界のふたつの底点にあたる。とくに奥元伊勢の大江山と伊吹山は、竹生島をはさんで北緯35度25分にならんでいる。過去に紹介した鬼と大蛇とをつなぐ、あやかしラインである。
8/8と30日に、福井県若狭町のこのラインで震度3がおきている。
どうもあの8/8の武蔵と若狭の地震が起点になってる気がしてならない。眠ってるなにかを呼び覚ましたような・・・。
伊吹山では日本武尊が大蛇(イブキドヌシ)の祟りにあっている。
すでに日本武尊とカグツチのコンビ事象が再開している。
神話では、クマソ遠征の帰路にも日本武尊は戦う。場所は、難波の柏渡。柏渡の場所はよくわからないし、地震を想定してたのだけど・・・。
「キャッツ」に近いのは難波八阪神社。祭神は素盞嗚尊、奇稲田姫命、八柱御子命。
巨大な獅子舞台がけっこう有名だ。獅子といえば、ネコ科だが。
素盞嗚尊と日本武尊は一心同体といっていい。八柱御子命は、8月末に愛知とともに豪雨被害をうけた東京・八王子市の由来につながる。転じて国常立尊につながる。

今日にかけて、またまたあちこちで微動。いいかげん頭痛の種になってるこの統一地方選挙のノリは、あやかしたちのオンパレードなのか?
きわめつけは(というほどじゃないけど)福岡県筑後地方の震度3。先週東スポ1面にひさびさのあやかし記事(笑)~9/12千葉県市川市の民家にカッパが出たという。正式の発表を待ちたいが、震源が筑後川ならもろカッパだ。それともやはり王監督退任にリンクした筑紫の王・磐井の乱の事象か?

10月は神無月。出雲では神在月になる。全国の神さま方が出雲に集まる。遷座祭後のはじめての神無月(旧暦なので、神在祭は11月)。どんな国会、いや神議りになるのやら。
八坂は弥栄。いやさか。今日の秋晴れのように、清々しい日がつづいてほしい。

  • [No Tag]

*Comment

ネコ 

ネコといえば、忍熊王の乱を鎮圧した難波根子武振熊もいますね。
難波根子武振熊は飛騨の両面宿儺を退治したとも云われてますね。
飛騨の位山は分水嶺、『水分』ですね。

去年忍熊王の乱のあった剣神社へ行こうとするも見えざる手によってか、強風とミゾレに遮られて行くことが出来ませんでした。
その先の敦賀についたら晴れましたが。

年内にはリベンジしたいと考えています。

伊吹山近辺(大垣~米原間)はいろいろありそうですね。
7月に大垣から米原方面へ向かおうとするや、大雨で行く手を阻まれて結局行こうとしていた源義経ゆかり鏡の宿へ行けず・・・結局は8月に最チャレンジして行く事ができました。

またお盆休みに伊吹山へ向かうため、大垣から米原方面へ乗ろうと電車を待っていたら、今度は電車内のトラブルにより到着が十数分遅れ・・・と大垣~米原間では大抵何かがあるんです。

東スポの一面に河童ですか・・・たまにこんな記事を一面にするか?と爆笑することがありますね(笑)


僕は伊勢と出雲には毎年一回は行きますが、今年は五月に出雲大社本殿公開ですでに一回行きました。

去年の神有月に訪れた出雲大社では本殿裏の神体山に鮮やかな虹が掛かって目出度かったのですが、今年は何があるか楽しみです!
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2008.10/03 08:00分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

ああっ! 武振熊を忘れてました。
もろ難波のネコですよね。
ねずみは根住み、ねこは根子。どちらも根の国につながります。ちなみにキツネもですが(笑)。
余談ですが四国は稲荷がありません。タヌキが追い出した伝説があります。これも四国=月読説につながるんですが、ネを根の国と考えた場合、出雲系海人とどこか一線を画すムードがあるのが四国なんです。
忍熊王と香坂王に関連する事象としては、7月に都賀川がありました。いたましい事故でしたが、被害にあわれた方々のお名前やご住所に八幡が色濃くでていて驚きました。
おっしゃるとおり伊吹山、関が原あたりは歴史的なカルマがたまりにたまってると思います。ヤマトヲグナさんをさえぎったのも、おそらくはそうしたものでしょう。
あのあたりは鍛冶場でもあり、伊吹山地と養老山地の間を吹きぬける風が、まるで蛇か竜のような動きをします。
その風が関が原あたりにカルマのふきだまりをつくってる風情もあります。風はイブキドヌシの祓いだし、日本武尊に祟りをなした大蛇も、その風につながるのかもしれません。 関が原の戦いもまた、時代の分水嶺でしたね。

剣神社といえば、氏神とする織田信長もまた。日本武尊をうけついだひとりですよね。畿内五芒星結界を突破するのに、彼は日本武尊に障った鬼大蛇のあやかしラインと浅井姫(伝説)を使っています。蝮殿の斉藤道三とよしみを結び、稲葉山城を拠点としました。この稲葉山城もまた35度25分のあやかしライン上にあります。
そうやって結界を突破し入京した信長が、丹波の光秀に討たれたことにもストーリーを感じずにはいられません。

義経については、事象の見落としがけっこうありそうな気がします。出てないはずはないんですが。もし気がついたら教えてくださいね。

そう武振熊の両面宿儺伝説の位山も重要ポイントです。日本武尊も位山にいってるはずだし、武振熊の話にもウラがありそうです。下呂や岩屋ダム(金山巨石群)のあたりはすでに反応が見られますが、位山自体はまだです。
神々に位をさずける山ですから、最後の方になるのかもしれませんね。

ところでふと思ったんですが、ヤマトヲグナさんやお知り合いの方もふくめて、もしかして「伏せ」をされてる方ですか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2008.10/03 21:16分 
  • [編集]

ネコ2 

今日、和歌山電鐵貴志川線貴志駅駅長の三毛猫たまのニュースを見て「また猫だ!」と驚きました(笑)

根子、根住・・・日本語は本当に奥が深いですよね。

四国に稲荷が無いことには気がつきませんでしたが、思い返してみたら見た覚えがありませんでした。
そういえば、室戸岬にある弘法大師が籠もった御厨人窟に行った後に公衆便所へ立ち寄ったら、門番のように真っ白な猫がいた事を思い出しました。
とても人懐っこい猫でしばらく足止めを食らってしまいました(笑)

四国は独特な風土ですよね。
四国出身の弘法大師が日本に伝えた真言宗は、仏教といいながらも釈尊が説いた仏教とは全くの別物ですし。


伊吹山近辺と東北地方へ行く時は大抵何かあるのです。
でも自分自身に降りかかるものはだんだん軽くなってきているように感じます。


織田信長は結構惜しいところまで到達していたのかもしれませんね。


素戔嗚尊、日本武尊の共通点は
・素戔嗚尊は和歌の元祖とされており、日本武尊は連歌の元祖とされている。
・肉親から疎まれる。
・あちこちに放浪する。
・天叢雲剣と縁がある。
・機略に優れる。
・行動が迅速である。

・・・などがありますけど、源義経も幼い頃からあちこちに放浪し、用兵に優れ、行動は迅速、壇ノ浦では草薙剣を見つけることが出来ず、肉親の頼朝に疎まれました。

今年岩手県で地震がありましたけど、平泉は震源地に近いところにあります。
あの時友人は「義経が・・・」と言ってました。

飛騨の水無神社、位山へは二年前に行きましたが、位山は再び行かねばと思うところです。

二年前に行った時、途中の役場で道を尋ねたら役場の方が親切にも登山口まで車で送って下さいました。

位山は途中まで登ったら空気が明らかに変わった場所がいくつかありました。
幾重にも結界があるのかもしれません。

僕は霊能力は一切ないんですけど、直感力と運は強いんです。
その直感力を頼りにあちこち巡っているのですが、その度にそこで大雨が降ったり地震が起こったりしてる?と数年前から気づきました。

友人によると、結界の強い所でも僕は弾かれずに普通に入っていくらしく(自覚がありません(笑))、一緒に巡る時にはしばしば盾代わりにされます(笑)

別の友人からもそんじょそこらのアヤカシでは相手にならないくらい強い護りがあって羨ましいと言われました。

ところで「伏せ」とは何ですか・・・?
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2008.10/03 23:03分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

ヤマトヲグナさま
根子といえば、岩手の花巻に根子氏がいたようです。大坂城の豊臣秀吉に滅ぼされたんですね。

四国の稲荷伝説はタヌキ(讃岐)だけに弘法大師につながるの可能性もありますが、元ネタはもっと古いかもとも考えています。

強いご守護があるのはなによりです。僕は受けやすい方なのか、よく頭痛をおこしてこまります。
位山もまだいったことないんですが、結界の層を感じられる感覚があれば、旅もドラマチックになりますね。

あちこちで祈祷や、場の浄化をされてる方々がいるようなのです。もちろん知人にはいませんが、とても感謝しています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2008.10/06 00:19分 
  • [編集]

大祓 

『伏せ』とはそういうことなのですか。

いつ頃から始めたのか覚えていませんが、僕は数年前から神社では『大祓詞』などの祝詞を奏上してます。

最初は人目を気にして人が居なくなるのを待ってからコッソリやってましたが、今では人がいても端のほうで普通に奏上してます。

そんな時、急に心地よい微風が吹いたり、雨が上がって晴れたり、曇り空にぽっかり穴が開いて日光に照らされたりと不思議なことがよくあります。

僕が大祓詞を奏上していると、いつの間にか後ろで一緒にお参りして下さる方もたまにいらっしゃいます。
小さなお子様が興味深々に覗きこんでくることもあります(笑)
伊勢神宮では八開手の拍手をしたら、近くにいた大勢のスポーツクラブの子供たちも真似しだして思わず笑いました(笑)


僕は何も願わず、ただ大祓詞を奏上する事自体が本当に好きなので全く苦になりませんし、神様に動かされているのかもしれませんけど、自分が神様にやらされているとか考えた事はありません。つまらない事はやりたくありませんからね(笑)


花巻にも『根子』ですか。
岩手県(というか東北地方)にはまた行くことになるかもしれません。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2008.10/06 07:26分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

自分に課してるんじゃなく、ほんとうに好きだから奏上するというのはすばらしいですね。

なにごとも他人の目を気にする必要はないんです。
わかってるんですが僕はどうもだめで、ほかにいると、いやさかだけお祈りしてそそくさ行っちゃいます(笑)。

去年お伊勢さんの外宮で、やわらかな風で目隠しの布がふわっと持ちあがり、風につつまれていい感じでした。ちょっと忘れられない感覚です。

神社さんは朝早くが最高ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2008.10/08 00:47分 
  • [編集]

ハヤアキツヒメから辿って 

白馬って、でいただいたお返事にあったハヤアキツヒメでググったら、2008/9/26の記事がヒット。
ここまで読み進めて心に留まったこと幾つか記録残します。
今は2016年、もう8年も前なのに今頃ヘェ〜そうやったんやと、当時も読んでたかもしれないけれどこの度 新鮮に読ませていただきました。
愛猫チコちゃんのこと、2008年だったのですね。
あれから月日は流れ、再会できましたか?
今のはなちゃんとはちと違うような気がして。
弥彦神社、来月同業者の旅で行く予定です。

さてこの記事の外宮参拝されたおりに白御帳?あの目隠しの布がふわりと中からの風で持ちあがり風に包まれた感覚。
私も遷宮終えた後、新古宮が二つ並ぶ最後の日に参拝した時に体験しました。
忘れられない思い出です。
2014/4/1に記事の残してますがリンク貼れなくて。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.09/22 21:48分 
  • [編集]

Re: ハヤアキツヒメから辿って 

弥彦神社はまだこれからでしょうか。
そう。チコのことはもちろんショックだったけど、
チコのこと書いたらキャッツなんば店火災がおきちゃって、Wショックでした。
いやWというか、あの88事象のあと、チコの死につづいて小戸公園ショック。
じつはメンタル最悪でした。

外宮の記事憶えてますよ。
あのときの風は、僕もいまだに忘れられないですね。
祝福につつまれたサイコーの瞬間でした!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.10/18 22:12分 
  • [編集]

真鶴から始まる 

越の旅は来週で、村上市の笹川流れ、弥彦山、十日町とかを巡ります。
11/9出雲の稲佐の浜「神迎え神事」はキャンセルが出て、またも催行が微妙、行けるかな…
10/17は残念ながら全面勝訴確定とならず続きますが、まだまだ公開はややこしいので控えることになりました。

さて富士山、2011年2月にいやさかの木さん警報が出てる時にヒヤヒヤもので訪れましたが、翌3月に富士山ぐるりの地震あったのも忘れられません。
そして去年5月終わりに小笠原の深海地震発生、相模湾のシナツヒコを祀る川匂神社、二ノ宮を調べてた時に見つけ、真鶴が脳裏にインプットされてます。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/b4f27e8df8631d393bb363525a10ee09
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.10/20 08:26分 
  • [編集]

Re: 真鶴から始まる 

大変ですね。
気持ちよく語れる日が来るよう祈っています。

「オオナムチといえば神奈川県真鶴半島の貴船神社。箱根山の前兆として去年7月に貴船祭りで小早船の転覆事象を起こしている。真鶴半島もまた、いまの火山学では箱根山の一部なのだ。」

川匂神社もオオナムチ。
川匂に対応する酒匂には、ことし2月13日に高速船セブンアイランド友と衝突したクジラが打ち上げられました。
クジラはイザナミのトーテムアニマル。
川匂神社もイザナギとイザナミ。
セブンアイランドは伊豆七島。
この辺も、去年の母島最高震度の超深発地震と関係するんでしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.10/20 22:49分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/84-9195877c

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。