神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

88

千葉・宮崎神社

タタリ神としての菅原道真は、御霊神社の火雷天神にあたる。この夏の出雲事象の豪雨には、火雷天神の側面もあったと思う。08/8/8のまるで八雲の日に、川崎市多摩区菅北浦で震度4の反応。菅は菅原。その後の震源もあわせると、菅神(穴澤天神社)と武蔵(无邪志)国造の性格が色濃い。ともに出雲の天穂日命が祖神だ。
・・・というのが、ひとつ前のブログ記事の出だし。
ブログを書きはじめて思うのは、つくづくこの世はシンクロなんだなぁってこと。「うわっ!」て連動から、「あンだ?」って共振まで。親父ギャグレベルのだじゃれシンクロは、下らないだけにブキミだ。
たとえば千葉市中央区の宮崎神社(写真)。福岡西方沖地震と今月の筑後市西牟田・大雷神社付近の磐井国造(カッパ)地震に連動した、千葉県北西部の震源。宮崎といえば神話の日向だけど、それだけじゃだじゃれレベル。祭神になにかあると思って現地にいった。ごらんの通り寄進燈篭がズラリとならび熱心なファンがいることを物語る。千木は外削ぎで男神。でも祭神はどうやら水源の女神で、三ツ池弁天というらしい。
「みついけ」といえば三井家、三井財閥に払下げられた福岡県大牟田市の三池炭鉱。西牟田とおなじ筑後地方で、出身には巨人軍の原監督がいる。三井三池の向こうを張った筑豊が、総理ゆかりの麻生炭鉱だし、水神といえばカッパじゃん・・・。
そもそも三ツ池弁天って名まえじゃなければ、こうした連想さえできないわけ。だけどどれもストーリー性に欠ける。言葉あそびの域を脱してくれない・・・。

さて、88。
こちらはハリウッド映画ばりのシンクロ。
10/27に都心をヒョウまじりの雷雨が襲った。翌28日、東京都心の雷観測が24日となり、88年ぶりに記録をぬりかえたと気象庁が発表(何十年ぶりの事象と数字には注)。
88年前は1920年(大正9)。この年、八八艦隊計画案が議会を通過、戦艦「長門」竣工。海上自衛隊の八八艦隊の元ネタ。去年の小池vs守屋、今年は自衛隊員の事件、自衛艦の事故が多い。出口王仁三郎が大正日日新聞買収。3月には株価大暴落。日本は第1次大戦のバブルが早くもはじけ、戦後恐慌に突入している。ちなみに女優の森光子さん、SF作家のレイ・ブラッドベリが生まれた年。
88年ぶりに記録を更新した雷が、出雲&火雷天神事象なのはいうまでもない。「8」は出雲の数字。オオナムチは八千矛神、スサノヲの出雲八重垣、八雲に八十神、八岐大蛇。「八」って数には、単に末広がりや多さをあらわす以上の重要な意味がありそう。十種の神宝の八種目も蛇比礼(おろちのひれ)だしね。
ってことはこの夏、蛇比礼がふられたってこと?

十種の神宝の事象はすでにはじまっている。秋葉原の十字路は象徴的だった。蛇比礼がふられたなら、品物之比礼(くさぐさのもののひれ)も蜂比礼(はちのひれ)もすでにふられていると見るべきか・・・。
「8」でふり返れば、今夏のゲリラ豪雨の開始をつげた北陸豪雨(七夕の双龍)が7/8。関東ゲリラ豪雨のはじまりが7/27(クマの足跡)。このときは北関東→鹿島神宮で、都心が襲われたのは翌28日。そしてしめくくりとなった愛知と東京八王子・多摩の集中豪雨が8/28。いずれも「8」がらみ。
さらには秋葉原の通り魔事件も6/8。この事件は日本武尊・カグツチ(秋葉神)色が濃いけども、彼らがこだわるのは8ではなく火曜日。現場は鳥越神社、秋葉神社(秋葉原駅)、神田明神の複合地点。8は神田明神・オオナムチ艮事象のあらわれだと思う。
出雲大社遷座祭後の4/29に、「十」和田湖の白鳥から強毒性のH5N1型ウイルスが検出されている。場所的にはオオナムチ艮事象が強いけども、十和田神社の祭神は日本武尊。29日は火曜日なので、日本武尊・カグツチコンビが示されてることになる。イージス艦「あたご」の事故も、もちろん火曜日。
「8」がつく神には八幡さまもいる。でも八幡事象は海神の「3」であらわされる。「3」が最初で、出雲の遷座祭から「8」がはじまる。
まことに信じがたいことだけど、この「3」と「8」をお茶の間に教えてくれてたのが“世界のナベアツ”。まさに魂が生んだギャグ(笑)。

「88」といえば、夏も近づく八十八夜だ。5月の1日か2日にあたる。じつは今年、八十八夜をねらって震度3のサン連発とともによみがえった大神がいる。泣く子も黙る出雲のスサノヲ神。またの名を牛頭天王。震源は能登半島沖(剱地八幡)、出雲市佐田町(須佐神社)、福島県双葉郡沖(楢葉八幡)。どういうわけか両脇に八幡神をしたがえている。おわかりだろうか、八(幡)・十(須佐神)・八(幡)・・・われこそは「十」なり!といわんばかりの構図だ。「十」は十字架。十種の神宝。地球の母なる十字マトリックスクロス。

今年いちばんの8ならびは「2008年8月8日」。事象的に地味だけど、今年最大のポイントはこの日だ。川崎市多摩区の菅神・国造と福井の若狭町・北緯35度25分鬼あやかしラインの地震がのちの変化の起点になっている。4/20にはじまったオオナムチ艮事象、およびオオナムチ出雲事象の流れは、この8.8を分岐点として新たな段階を迎えたのだ。
2013年の和合へのシクミは、2005年伊勢神宮式年遷宮の山口祭と筑紫事象にはじまる。これに今年もう一方の主役・出雲大社式年遷宮が開始され、いったん仕切り直して9月から新たなステージに移行した。その仕切りなおしが8月8日におこなわれたって感じだ。
福田首相の辞任。三笠フーズの事故米。麻生首相誕生と王監督退任、小戸公園母子事件とつづく筑紫事象の再来は、両横綱そろいぶみのメインエベントのはじまりを告げるもの。ペナントレースでこの恩恵をもろに受けたのが、筑後の三池出身の原監督。奇跡の逆転優勝とともに王監督についでWBC監督にも選ばれそうな勢いだ。父親の原貢氏(佐賀出身)は昭和40年の甲子園で三池工を初出場初優勝にみちびいて大フィーバーを起こしている。このての奇跡が大好きな霊系なんだろう。

8月8日は、北京オリンピックの開催日でもある。中国でも「八」が凶数に転じる事象が相次いで世間をさわがせている。中国と日本のつながりはもちろんだけど、どうやら雲南と出雲のつながりも本気で考えた方がよさそうだ。
「8」の事象は中国ばかりじゃない。とんでもないとこから意外なニュースがとびこんできた。
おととい28日は火曜日である。「8」と「火曜」で気にしていたら、都心の雷が88年ぶりに記録更新したというニュース。おお、火雷天神で来たか~と思った。ところがさらにアメリカ発のニュース。ネオナチの白人青少年ふたりがテネシー州で逮捕された。彼らはまずハイスクールで88人の黒人学生を襲撃、さらにオバマ氏を暗殺する計画だったという。絵空事で終わったのはほんと幸いだけど、またしても「88」である。Hはアルファベットの8番目。「88」はハイル・ヒトラーのH・Hを意味する隠語らしい。テネシーといえば北緯35度を南限とする州。まさか35度25分じゃあるまいねと思ったが、事件があほらしくて調べる気にもならない。
88年前の1920年は、国家社会主義ドイツ労働者党、いわゆるナチス党が結成された年。連中はその節目を祝うつもりだったのか。
ともかく、28日に「88」の数字が連続して示されたのはまぎれもない事実。はっきりいって、偶然と考える方がむずかしい。

今年の8の火曜は、あと11月18日だけなのだが・・・。

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

おはようございます。
神話はじめ神社由緒にも全く無頓着なものが、
たまたま8/8に出雲大社お参りしたことは以前書きました。
その日川崎で地震あったと聞いたとき、長男が川崎高津区で暮らしているので心配しました。
詳しい場所、北浦と知って安心したものの、なんと私の旧姓でした。
で、ちょっと印象に残った事象でした。
まったく関係ないんですけどね。
今度の11/18、ちょっと楽しみでもありますね。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2008.10/30 09:49分 
  • [編集]

うららさま 

おもしろいですね!
それだけ通じる要素があるのなら、ためしにすこし遡ってみてはいかがですか?
事象って全体だけじゃなく、かかわったひとりひとりにも何かのメッセージを送ってる気がするんですよね。

こんどの18日は、出雲の神在祭後の火8になります。
さてさて、どんなびっくり箱を用意してますやら(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2008.11/01 05:59分 
  • [編集]

関帝 

本日横浜中華街の関帝廟にお参りして思い出したことがあります。

現在横浜中華街では6月24日に関帝の誕生日を祝うそうですが、旧暦では8月8日だったそうです。

また、四川大地震は2008年5月12日でしたが、昔琉球では5月13日を関帝のウマリビー(誕生日)として祭祀を執り行う一族がいたそうです。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2008.11/09 22:01分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

関帝も88ですか!
琉球の一族の話もおもしろいですね!

四川省地震にはやはり関帝がからんでるんでしょうか。
神様と祭られた人物だし、日本書紀がいうように神功皇后が卑弥呼だとしたら、まさに同時代。
四川省地震に山口県の向津具半島が反応したように、中国でも楊貴妃を思わせる事件がおきてるようです。
中国でも中国の歴史が発露し、くり返され、日本でも関連する反応が見られる・・・歴史はつながってます。
関帝の霊系はわかりませんが、雲のストレイトブリッジでオオナムチに会いにきてたとしたら、とんでもない強力タッグですね(笑)。

ところで8日にロシアの原潜ネルパが大きな事故をおこしたようです。インド海軍に譲り渡すものだったようですが。気になります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2008.11/10 00:53分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/94-4124d0da

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。